Reuters logo
ECB株式買い入れ、適切か判断するのは時期尚早=スロベニア中銀総裁
2016年9月29日 / 13:42 / 1年後

ECB株式買い入れ、適切か判断するのは時期尚早=スロベニア中銀総裁

[リュブリャナ 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのヤズベツ・スロベニア中銀総裁は、ECBは政策手段としてあらゆる可能性を検討しているが、株式買い入れが適切かどうかを判断するのは時期尚早との立場を示した。銀行関連の会議の合間に語った。

ECBは今月、資産買い入れの円滑な実施を確実にするため、内部委員会を設置して選択肢を模索する考えを示している。

ヤズベツ総裁は株式買い入れについて問われると、「ECBの金融政策の効果を高めるため、常にあらゆる可能性を探っている」と指摘。

その上で、理事会はデータ、および委員会の提言を精査した上で決定するため、現時点で株式の買い入れが適切な手段かどうかを判断するのは早計だと述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below