for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、9月に50bp利上げが必要=スロバキア中銀総裁

6月13日、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのカジミール・スロバキア中銀総裁は、ECBが7月に25ベーシスポイント(bp)の利上げを開始後、9月の利上げ幅を50bpへ加速する必要があるとの見解を示した。写真は2020年1月、フランクフルトで撮影(2022年 ロイター/Ralph Orlowski)

[13日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのカジミール・スロバキア中銀総裁は13日、ECBが7月に25ベーシスポイント(bp)の利上げを開始後、9月の利上げ幅を50bpへ加速する必要があるとの見解を示した。

カジミール氏は電子メールで「夏は終わりではなく、始まりに過ぎない」とし、「私たちは秋、具体的には9月にも利上げを継続し、私はここでペースを加速して0.50%に引き上げる必要があると明確にみている」とコメントした。

ECBは7月の25bp利上げを公表し、インフレ圧力がより広い範囲で高まる中、インフレ高進が定着するリスクが高まっているため9月により大幅な利上げが必要になる可能性があると表明した。

カジミール氏は「私の見解では、なぜためらったのかと後で頭をかくよりも、予防的に行動する方が合理的だ」とし、「入手しているデータからためらう理由はないと確信している。マイナス金利は9月に過去のものとなるはずだ」と語った。

ECBは現在、2022年のインフレ率が目標に当たる3倍超の6.8%になると見ている。物価上昇率は24年まで2%を上回り続ける可能性があり、企業や家庭がECBの物価安定への取り組みに対する信頼を失うリスクを高めている。

カジミール氏はインフレ率はしばらく高止まりし、スロバキアでは23年に2桁台の上昇率になると予想した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up