for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

投資家はインフレ警戒必要、急激な調整回避を=オランダ中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は11日、物価上昇は一時的とみられるが、投資家は大規模な調整を避けるためにインフレリスクに警戒する必要があるとの見解を示した。フランクフルトで昨年撮影。(2021年 ロイター/Ralph Orlowski )

[アムステルダム 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は11日、物価上昇は一時的とみられるが、投資家は大規模な調整を避けるためにインフレリスクに警戒する必要があるとの見解を示した。

記者団に「現在の市場のリスク志向は低インフレと低金利によってのみ持続可能だ」と発言。

「依然として物価上昇はおおむね一時的と考えているが、構造的なインフレ上昇と金利上昇という別のシナリオも考慮しておかなければならない」とし「そうしないと将来的に価格の急落につながる恐れがあるからだ」と語った。

「エネルギー価格がインフレに及ぼす影響は本来一時的なものだ。物価を押し上げ続けるには価格が上昇し続ける必要がある」と指摘した。

「だがインフレは世界的な供給制約によっても上昇し、その場合はより長引く可能性がある。サプライチェーンは世界中に分散していないため、(供給制約は)国際貿易の再調整によって起こり得る」と分析した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up