for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB内の意見対立解消望む、妥協点探るべき─次期総裁=独誌

欧州中央銀行のラガルド次期総裁(写真)は、ECB当局者間の意見対立を解消させたいとの考えを示した。写真は5月、メキシコ市で撮影(2019年 ロイター/Henry Romero)

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド次期総裁は、ECB当局者間の意見対立を解消させたいとの考えを示した。

ラガルド次期総裁は独誌シュピーゲルに対し「今後どのように妥協点を探っていくかに注力すべき」とし、「私は常に共通の基盤を模索し、異なる見解をまとめていく」と述べた。

ECBは9月の理事会で利下げや量的緩和(QE)の再開など包括的な追加金融緩和策の導入を決定。しかし、政策担当者の3分の1が債券買い入れ再開に反対し、一部の当局者は公の場でECBの緩和策を批判するなど、意見の対立が鮮明になった。

ラガルド氏は就任次第、政策の包括的な見直しに着手し、理事会メンバーも交えて精査していく意向を表明。さらに、今月末に退任するドラギ総裁の見解を踏襲し、成長支援やインフレ押し上げに向け財政政策が必要との認識をあらためて示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up