for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ラガルド次期総裁でECBはより現実的に=デギンドス副総裁

 10月26日、欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁はスペイン紙パイスに掲載されたインタビュー記事で、ラガルド次期総裁によってECBの政策立案者らは「象牙の塔」から下り、ユーロ圏の政治的現実を直視するようになると期待を示した。写真は会見の出席したデギンドス氏。10月24日、ドイツのフランクフルトで撮影(2019年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は26日付のスペイン紙パイスに掲載されたインタビュー記事で、ラガルド次期総裁によってECBの政策立案者らは「象牙の塔」から下り、ユーロ圏の政治的現実を直視するようになると期待を示した。

フランスの元財務相で、国際通貨基金(IMF)専務理事を務めたラガルド氏は11月1日にドラギ氏の後任としてECB総裁に就任する。経済学を専攻していない初のECB総裁となる。

デギンドス氏は11日に行われたインタビューの中で「中央銀行の人間は時々、象牙の塔の中で働いている」と批判的に指摘。「ラガルド氏はユーロ圏のメカニズムを熟知している。ECBの政策決定者らは文脈を理解し、複数の選択肢から健全な選択を行い、適切に意思疎通を図る必要がある」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up