for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨ユーロは繁栄支える要素、不公正の源でない=ECB総裁

[フランクフルト 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は16日、通貨ユーロは繁栄を支える重要な要素との認識を示し、ユーロ圏における不公正な規則が最近の世界貿易問題の一因とする批判を退けた。

ラガルド総裁は「特定産業に対する政府支援や労働基準の弱体化、通貨操作といった不公正な認識から、世界で貿易面の緊張が高まっている」と指摘した。その上で「しかし構造上、こうしたことは欧州内では一切可能ではない」と強調。「欧州連合(EU)やユーロはわれわれの繁栄に偶発しているわけではなく、言い換えれば、不可欠な要素と言える」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up