November 20, 2019 / 7:58 AM / 17 days ago

ユーロ圏経済は来年か再来年に回復へ=レーンECB専務理事

 11月20日、欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミスト(写真)は、ユーロ圏経済について、成長ペースは予想を下回っているものの、リセッション(景気後退)に陥ることはなく、来年か再来年に回復するとの見方を示した。パリで18日撮影(2019年 ロイター/GONZALO FUENTES)

[ローマ 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストは20日、ユーロ圏経済について、成長ペースは予想を下回っているものの、リセッション(景気後退)に陥ることはなく、来年か再来年に回復するとの見方を示した。

レーン氏はイタリア紙ラ・レプブリカのインタビューで「(ユーロ圏)経済の成長ペースは、われわれが期待していたより鈍い。期待外れな状況だが、マイナス(成長)ではない。われわれは来年か再来年に回復すると予想している」と述べた。

また、ユーロ圏の現在のインフレ率の1%には「満足していない」との認識を示した。

レーン氏は、ユーロ圏諸国は、現在の低金利を活かして債務を圧縮すべきであり、「新たな支出や減税のために追加的な資源を無駄使い」してはならないと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below