for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州の高インフレ、将来的に弱まる=レーンECB理事

欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストは29日、ユーロ圏の高インフレの大半は輸入インフレショックであり、時間の経過とともに弱まると述べた。2019年9月撮影(2022年 ロイター/Gary He)

[フランクフルト 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストは29日、ユーロ圏の高インフレの大半は輸入インフレショックであり、時間の経過とともに弱まると述べた。

ポリティコとのインタビューで、ユーロ圏の高インフレは「基本的に輸入インフレショックであり、供給面でのショックだと引き続き判断している」と指摘。「今回のインフレの大半は弱まっていくだろう」とした。

その上で「インフレが弱まるということは高水準の物価が反転するということではない。欧州は高水準の物価に慣れなければならないかもしれない」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up