for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏の堅調な指標、必ずしも良い目安にならない=レーンECB専務理事

[フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるレーン専務理事は24日、ユーロ圏経済について、新型コロナウイルス危機からの回復には長い時間がかかると予想、ここ数日の一連の堅調な指標は、必ずしも景気回復の良い目安にはならないと述べた。

同専務理事は、経済活動の再開に伴い、目先の成長指標は大幅に改善するだろうが、経済は極めて大きく縮小しており、経済活動は長期にわたって危機前の水準を大幅に下回ると予想。初期の回復の規模は良い目安にならないかもしれないと述べた。

同専務理事は講演で「欧州連合(EU)の復興基金を巡る交渉の結果が、ユーロ圏経済の今後の道のりを決める上で重要な要素となる」とも述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up