for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏の高インフレは一時的、来年は緩和へ=レーンECB理事

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるレーン専務理事は、スペイン紙に対し、ユーロ圏のインフレは来年には鈍化するとの見方を示し、インフレは中期的には依然非常に弱いと指摘した。

レーン氏は「来年にはボトルネックが緩和し、エネルギー価格に下落ないし安定化するとみている」とし「現在のインフレは非常に異例で一時的な局面にあり、常在する兆しではない」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up