for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レーンECB専務理事、12月0.75%利上げの可能性低下=報道

[フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストは、ECBは12月に追加利上げを行うが再び0.75%幅とする可能性は低くなったと述べた。経済メディアのマーケットニュース(MNI)が21日に伝えた。

MNIによると、レーン氏は「75ベーシスポイント(bp)のような、非常に大幅な利上げを検討するための土台もはや存在しない」と説明。12月の決定はこれまでの措置と伝達過程の遅延を考慮に入れると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up