Reuters logo
インフレ圧力ほとんど見られず=メルシュECB専務理事
2017年9月11日 / 10:31 / 11日前

インフレ圧力ほとんど見られず=メルシュECB専務理事

[ルクセンブルク 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は11日、経済回復にもかかわらず、インフレ圧力はほとんど見られないとの見解を示した。

メルシュ氏はルクセンブルクのラジオ局100.7のインタビューで、インフレ率が上昇していない理由は多くあるとし、賃金圧力が比較的不足していることなどを挙げた。

「主なインフレ押し上げ要因は大抵は賃金だ」と指摘。賃金は経済回復時には通常は大幅に上昇するが、「大半の国ではこうした賃金の推移が見られない」と述べた。

他国との競争、生産コストを抑える世界のバリューチェーン、労働組合が賃金上昇より雇用確保に注力していることにより、賃金上昇が限定的となっている可能性があるとした。

メルシュ氏は「われわれが唯一関心を示すのは物価の推移だが、望んでいる水準にまだ達していない」と述べた。一段の構造改革が行われれば物価はより早く反応する可能性があり、ECBがより早期に支援を縮小することにつながるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below