September 6, 2018 / 10:37 AM / 2 months ago

ECBの金融安定性を維持する責任は限定的=メルシュ専務理事

 9月6日、欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は、ECBは金融安定性を維持する責任が限られているとの見方を示した。写真はリンツ(オーストリア)で7月撮影(2018年 ロイター/Lisi Niesner)

[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は6日、ECBは金融安定性を維持する責任が限られているとの見方を示した。

イタリア政府の一部は、ECBが調達コストを低水準に抑える以外の政策を実施する可能性があると示唆していたが、メルシュ氏はこれを退けた。

メルシュ氏はカンファレンスで「(EU)条約は金融安定性をECBの目的にしていない」と指摘。「ECBが持つたった一つの第一義的な責任は物価の安定だ」と述べた。

またインフレ率を持続的に目標に向かわせるために金融安定性が必要ならば、金融安定性はECBに関係しているとし、他の業務については国家レベルで行われるべきとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below