for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、保有債券の再投資終了の必要 利上げは継続=独連銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのナーゲル独連銀総裁は23日、ECBは金利を上げ続ける一方、目的が達成されれば保有債券の再投資などの非伝統的な措置を終了させる必要があるとの考えを示した。(2022年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ルツェルン(スイス) 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのナーゲル独連銀総裁は23日、ECBは金利を上げ続ける一方、目的が達成されれば保有債券の再投資などの非伝統的な措置を終了させる必要があるとの考えを示した。

ナーゲル総裁はスイスのルツェルン大学で行った講演で、ECBが進めるインフレ抑制に向けた利上げに支持を表明。ただ、保有債券の再投資などの非伝統的な措置については「役目を終えたら速やかに終了させることが重要」と述べた。

10月の理事会で決定される可能性のある利上げの幅については言及しなかったものの、「インフレとの戦いには負担が伴う」とし、経済成長率が低下したとしても金利を引き上げなければならないと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up