December 19, 2018 / 11:03 AM / a month ago

ECB、社債の買い入れ中止が望ましかった=オーストリア中銀総裁

 12月19日、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、ECBの社債の買い入れを今年末で終了すべきだったとの認識を示した。写真はウィーンで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)

[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、ECBの社債の買い入れを今年末で終了すべきだったとの認識を示した。

市場を歪めるリスクが大きいとしている。ドイツの経済専門紙ハンデルスブラットが報じた。

ECBは今月、2兆6000億ユーロ(3兆ドル)規模の債券買い入れ計画を終了するが、満期を迎えた債券の償還金については、今後も再投資を続ける。

総裁は「個人的には、社債の買い入れをやめ、国債の買い入れを増やしたほうがよかった」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below