September 26, 2018 / 10:14 AM / 24 days ago

ユーロ圏の成長リスク、過度に懸念せず=プラートECB専務理事

[フランクフルト 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、ユーロ圏の成長に対するリスクは増大しているが、実際の統計にはまだ影響していないとして、極端な減速に対する懸念を否定した。

 9月26日、欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、ユーロ圏の成長に対するリスクは増大しているが、実際の統計にはまだ影響していないとして、極端な減速に対する懸念を否定した。写真はフランクフルトで3月撮影(2018年 ロイター/Ralph Orlowski)

一方、インフレ率の伸び悩みでECBは金融政策の正常化を急がず、金利は今後数年抑制されるとの見方を示した。

ECBは12月で緩和策の債券買い入れを終了する。

プラート氏はロイターテレビのインタビューで「リスクは確かに増大している。ただこれまでのところ、実際のデータに影響は表れておらず、過度に懸念してはいない」と述べた。

前回のECB理事会以降、米国は追加対中関税を発動、合意なき英国の欧州連合(EU)離脱リスクは増大し、イタリアの財政赤字問題も表面した。

こうしたリスクを踏まえ、プラート氏は一部の政治家から出ている利上げペース加速を求める声を否定。緩やかなインフレ率の上昇ですらECBの支援継続を想定しているとし、「インフレ率は2%に向かうというわれわれの基本シナリオは、総じて非常に緩和的な金融状況を前提としている」と指摘した。

利上げ開始時期については、来年10月前後でその後のペースも非常に遅いとの市場の見方に違和感はないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below