December 28, 2018 / 7:52 PM / 25 days ago

来年のECB利上げなお想定、インフレ指標次第=専務理事

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー専務理事は引き続き2019年の利上げを想定する一方、利上げは来年上半期のインフレ指標次第との見方を示した。

ユーロ圏経済の失速を背景に、市場では利上げが2020年以降にずれ込むとの見方が強まっている。

ラウテンシュレーガー専務理事は30日放送予定のラジオ番組でのインタビューで「(利上げは)2019年の第1─第2・四半期に発表されるインフレ率など経済指標次第」と指摘。ただ来年中の利上げを想定していると付け加えた。

ラウテンシュレーガー専務理事はタカ派として知られ、ECBに対し超緩和政策からの脱却を長らく求めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below