Reuters logo
ECB、スタンス見直しは「正当化される」が時期尚早=専務理事
2017年3月31日 / 11:18 / 8ヶ月前

ECB、スタンス見直しは「正当化される」が時期尚早=専務理事

[ブリュッセル 31日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は31日、ECBが過去最低の金利水準維持あるいは追加利下げという現在の政策スタンスを見直すことは「正当化される」とする一方、現時点での協議は時期尚早と述べた。

あるイベントで、今や物価上昇率は加速し、デフレや長引く物価下落の恐れはなくなったことから、政策ガイダンスの中でこの部分は関連性が低下したと指摘した。

その一方で、この件についての話し合いはまだ行われておらず、時期尚早と強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below