March 27, 2019 / 5:15 PM / 3 months ago

ユーロ圏の不動産市場にバブルの兆し、抑制策が必要=ECB

[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は27日、ユーロ圏の持続的な不動産価格の上昇はバブルの兆しを示しており、複数の国で抑制策が必要であることを示唆しているとの見方を示した。

ECBは「マクロプルーデンス政策に関連する住宅用不動産の脆弱性がユーロ圏の多くの国で見られる」と指摘。「一部の国では住宅用不動産市場のトレンドが継続しており、近い将来にさらなる政策措置が必要であることが示されている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below