for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、利回り格差抑制策の対象国判断へ=フィンランド中銀総裁

[ヘルシンキ 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は21日、ECBが導入する国債利回り抑制措置について、どの国も自動的に対象になるわけではなく、判断はECB理事会に委ねられるとの認識を示した。記者会見で述べた。

ユーロ圏市場の分断を測る際は自動的ではなく、単一の基準が存在しないのは非常に明白とし「ECB理事会による判断の余地がかなりあるはずだ」と語った。

「われわれはいくつかの要素や基準に基づいて判断し、包括的、全体的な分析を行った上で決定する」と説明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up