February 21, 2019 / 2:06 PM / a month ago

ECB、見通し悪化した場合の備え必要=フィンランド中銀総裁

[パリ 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は21日、ユーロ圏の成長は減速しているがリセッション(景気後退)の兆候はまだ見られないと述べた。パリで開催された金融サービス関連会合での発言。

レーン総裁は、購買担当者景気指数(PMI)など最近の経済データはユーロ圏の成長減速を示しているが、リセッションを示唆しているわけではないと指摘。

「われわれは、状況が悪化した場合に備えておかなくてはならない。そしてその答えは、われわれが責務のために何でもするということだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below