for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、9月にPEPPからの移行を協議も=フィンランド中銀総裁

[ヘルシンキ 15日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は15日、債券を買い入れる「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」からの移行をECBが「そのうち」協議するとしつつ、早ければ9月かもしれないと述べた。

レーン総裁は記者会見で「私の想定では9月だが、どこかの時点でわれわれが先の道のりを協議する公算は大きい。しかし、話した通り、今はあとになって後悔するよりも安全策を取り、ユーロ圏の好ましい資金調達環境を確実に実現することが重要だ」と述べた。

また、ECBが繰り返し決定しているように、1兆8500億ユーロ規模のPEPPは少なくとも来年3月まで継続すると付け加えた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up