October 25, 2018 / 9:16 PM / 19 days ago

ECB、償還資金再投資の規則緩和を検討=関係筋

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は量的緩和(QE)に伴う保有債の償還資金再投資について、現行規則の緩和を検討している。関係筋2人がロイターに明らかにした。

ECBは25日、債券買い入れ策を年内に終了する一方、保有債の償還資金については再投資を長期間継続する方針を確認した。

財政黒字を維持するドイツが好例となるが、償還を迎えるすべての国債銘柄がすぐに新発債に移行(ロールオーバー)するわけではなく、償還資金の再投資には時間がかかる場合がある。このため償還後3カ月以内に再投資を行う現行の規則を緩和することが望ましいとの声がECB内で上がっているという。

ある関係者は、同案件がECBスタッフの間で検討されている段階だと述べた。ドラギ総裁は12月13日の理事会で再投資に関する決定を行うとしている。ECBの報道官はコメントを差し控えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below