for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、危機が終われば政策引き締めへ=シュナーベル専務理事

欧州中央銀行のシュナーベル専務理事は11日、ECBはいずれ超緩和的政策を解除すると述べ、政府の資金調達を恒久的に支援するとの見方を否定した。メルケル首相と話す専務理事、1月撮影。(2020年 ロイター/Annegret Hilse)

[フランクフルト 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は11日、ECBはいずれ超緩和的政策を解除すると述べ、政府の資金調達を恒久的に支援するとの見方を否定した。ただ金融政策の正常化は現在の危機の終了後になると指摘した。

「ECBは早過ぎる引き締めによって始まったばかりの回復を損なわないよう注意する」と説明した。

その上で「危機を乗り越え、インフレ率が持続的にわれわれの目標に向かう軌道に戻ったときは、ECBは責務に沿って退く必要がある」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up