for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-PEPPの柔軟性、他のプログラムに適用できず=ECB専務理事

(内容を追加しました)

[フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は24日、ECBが実施しているパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の柔軟性を他の資産買い入れプログラムに適用することはできないと述べた。

シュナーベル専務理事は、市場は政府の歳出に影響を与える重要なシグナルを発しており、危機が一段落した後に「このようなシグナルを完全に抑制することはおそらく不可能であり、また恒久的に抑制することも最適ではない」と指摘。「PEPPの完全な柔軟性を他のプログラムに移すことはできない」とした。

一方、ECBはユーロ圏加盟国間の金融市場の分断を防ぐことに「強い関心」を抱いていると主張した。

経済見通しについては、ユーロ圏経済が足元、急速に拡大しており、入手可能な経済指標は力強い回復を示しているという認識を示した。

オンラインセミナーで「今、われわれは実際に転機を迎えていると言ってもよい。購買担当者景気指数(PMI)を含め、どの指標を見ても非常に好調かつ楽観的だ」と指摘。また、持続的な賃金上昇圧力はまだ見られないと述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up