May 7, 2018 / 7:31 PM / 18 days ago

ECB、夏にQE縮小の公算 7月理事会で発表の可能性=ベルギー中銀総裁

[7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は、ECBが夏期に債券買い入れプログラムを段階的に縮小する公算が大きいとの見解を示した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が7日報じた。

5月7日、ECB理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は、ECBが夏期に債券買い入れプログラムを段階的に縮小する公算が大きいとの見解を示した。写真は2017年10月、フランクフルトのECB本部前で撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

月額300億ユーロの債券購入策の段階的な縮小を巡る計画は、7月26日開催の理事会で発表される可能性があるという。

スメッツ総裁は、ECBが近く債券買い入れ策を縮小する用意を整え、コミュニケーションの焦点を利上げの可能性にシフトさせる可能性があることを示唆。「最新のデータは、底堅いペースで景気拡大が継続するとの見通しと整合した内容となっている」と語った。

また、金融危機後初となる利上げ時期を巡っては、市場の観測が後ずれすることは適切な可能性があるとの考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below