June 20, 2018 / 3:20 PM / a month ago

貿易摩擦の金融政策への影響見極めは尚早、楽観視はできず=ECB総裁

[シントラ(ポルトガル) 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は20日、米国と同盟国による関税合戦が金融政策に及ぼす影響を見極めることは時期尚早としつつも、楽観的となる理由はないとの認識を示した。

ドラギ総裁はECB年次フォーラムで「(貿易を巡る)全ての動向による金融政策への影響を見極めることは容易ではなく、その時期にも至っていない。だが、楽観的となる根拠も存在しない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below