April 25, 2018 / 9:21 AM / 5 months ago

ECB、政策移行の余地がある=リトアニア中銀総裁

[フランクフルト 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのバシリアウスカス・リトアニア中銀総裁は、景気回復による欧州中央銀行(ECB)の政策移行余地を指摘する一方、正常化は段階的に実施されるべきで、ECBは動きを十分認識させる必要があるとの考えを示した。

Eurofiの雑誌で明らかにした。

総裁は「債券買い入れは段階的に終了させ、時間をかけて円滑な移行を目指すべき。いかなる措置も十分に協議し、統計に基づいた段階的なものとし、市場に十分な調整の時間を与える必要がある」と語った。

その上で「これまで不自然に平穏だった市場の変動に備えなければならない」と警告した。

ECB理事会は、複数の次の措置についてすでに議題を設けているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below