November 8, 2019 / 9:34 AM / 5 days ago

ECB、状況改善するまで現行政策を継続へ=スロベニア中銀総裁

[ブルドープリクラニュ(スロベニア) 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのバスレ・スロベニア中銀総裁は8日、ECBは状況が改善するまで現行の金融政策を継続する決意だと述べた。

バスレ氏は銀行業界の会合で、ECBは金利が「より長い期間」にわたり低水準にとどまるとみていると指摘。ECBの政策は短期金利と長期金利に影響を及ぼすことを目指していると付け加えた。

またユーロ圏諸国に対し、ECBの金融政策に伴い構造・財政改革を実施するよう呼び掛けた。

同氏は、貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る混乱、中国経済の減速が主因となって世界的にリスクや先行き不透明感が高まっていると指摘。

「経済を減速させ、先行き不透明感を高めている主要な要素は国内の不均衡ではなく、経済政策に起因している」との見解を示した。

同氏は金融機関に対して企業への融資を増やすよう促す一方、金融機関における潤沢な流動性がリスクの高い投資につながり、金融の安定を脅かす可能性があると警告した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below