for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB緊急購入、感染再拡大は延長の理由にならず=仏中銀総裁

欧州中央銀行理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を来年3月に終了させる計画について、新型コロナウイルス感染再拡大とインフレ高進は、今のところは計画変更を正当化する理由にならないとの考えを示した。10月22日、パリで撮影(2021年 ロイター/Sarah Meyssonnier/File Photo)

[パリ 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は22日、ECBのパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を来年3月に終了させる計画について、新型コロナウイルス感染再拡大とインフレ高進は、今のところは計画変更を正当化する理由にならないとの考えを示した。

ビルロワドガロー総裁は独紙ベールゼン・ツァイトゥングのインタビューに対し「現況を受け、予定が変更されることはないとみている」とし、「PEPPの純買い入れを2022年3月に終了する必要がある」と表明。金融市場で来年3月の終了がおおむね予期されているため、破壊的な「崖っぷち効果」を懸念する理由はほとんどないと述べた。

その上で、ユーロ圏経済がリセッション(景気後退)に再び陥るリスクはなく、インフレ高進は一過性のものであるため、ECBは忍耐強くある必要があるとの認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up