September 24, 2019 / 7:53 AM / a month ago

ECBの債券買い入れ再開、現段階で正当化できず=仏中銀総裁

[パリ 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中銀総裁は24日、今月のECB理事会で決定した債券買い入れの再開について、現段階では不必要な対応と批判した。

理事会内では、オーストリア、オランダ、ドイツ各国中銀総裁が債券買い入れ再開に異を唱えている。普段タカ派とみなされていないビルロワドガロー氏が公然と批判するのは異例。

ビルロワドガロー氏は講演で「資産買い入れの再開に賛成ではなかった。長期金利、タームプレミアムともに非常に低水準であることを踏まえ、現段階では追加の買い入れは不要と考えていたからだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below