June 20, 2018 / 9:39 AM / 25 days ago

ECB、緩和的な政策が続く=仏中銀総裁

[パリ 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は20日、ECBの金融政策について、資産買い入れプログラムは年末で終了し、来年夏にも利上げする可能性があるが、緩和的な政策は続くとの見通しを示した。

総裁はフランス・ユーロ圏経済に関する年次報告で「資産買い入れプログラムは12月で終了すべきであり、最初の利上げは2019年夏になる可能性がある」とした上で「緩和的な金融政策が続く」と表明。長期的な金融状況を好ましい状態に維持する上で、ECBの保有する大量の資産が寄与するとの見方を示した。

ECBは14日の理事会で、量的緩和を年内に終了する方針を決定。少なくとも2019年夏まで政策金利を据え置く方針を示したが、複数の関係筋によると、理事会メンバーの間では量的緩和策の延長に可能性を残すことの是非や、利上げ開始時期を巡り意見が分かれていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below