for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏中銀総裁、インフレ抑制の決意再表明=ブルームバーグ

1月18日、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁(写真)は、ユーロ圏のインフレ率を2024年か25年までに2%前後に抑制する決意を改めて示した。パリで2022年7月撮影(2023年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は18日、ユーロ圏のインフレ率を2024年か25年までに2%前後に抑制する決意を改めて示した。

スイスのダボスでブルームバーグTVに述べた。

欧州が今年景気後退を回避できるとの見通しも改めて表明。インフレが今年上半期にピークに達し、その後鈍化する可能性が高いとの見方も改めて示した。

総裁は「エネルギー価格が下落しているため、総合インフレ率について朗報があるだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up