for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBの23・24年物価予想、上下双方に振れるリスク=伊中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は、30日公表されたイタリア紙とのインタビューで、ECBの2023年と24年のユーロ圏インフレ率予想には上振れリスクだけでなく、下振れリスクもあると述べた。5月撮影。(2021年 ロイター/Guglielmo Mangiapane)

[ミラノ 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は、30日公表されたイタリア紙とのインタビューで、ECBの2023年と24年のユーロ圏インフレ率予想には上振れリスクだけでなく、下振れリスクもあると述べた。

ECBは今月発表した経済予測で、今年と来年のインフレ率は目標の2%を超えるが23年と24年は目標以下に低下すると予想した。しかし、その政策理事会では一部からインフレリスクを過小評価しているという意見が出て議論が紛糾したとされる。

ビスコ総裁はインタビューで「23─24年のインフレ予想は、上下両方向のリスクがある」と指摘。感染力の強い新型コロナウイルスのオミクロン株が最終的にユーロ圏経済に与える影響は現段階では分からないと述べた。

欧州連合(EU)の財政協定については、財政の持続可能性がEU全体および加盟各国にとって非常に重要で、ユーロ圏かEUの経済担当相を置くと良いとの認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up