May 16, 2019 / 9:58 AM / 10 days ago

ECB、ユーロ圏が景気後退入りでも打つ手ある=伊中銀総裁

[ミラノ 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア銀行(中央銀行)総裁は、ユーロ圏が再びリセッション(景気後退)に陥ってもECBには対応策があると指摘した。講演原稿が16日、イタリア中銀のウェブサイトで公表された。

ユーロ圏の経済見通しは不透明感が高いものの、総裁は本格的なリセッションやデフレになった場合に金融政策に「打つ手がない」と考えるのは誤りと主張した。

「中銀は経済活動を支援するための多岐にわたる手段を有している。ECBは責務を果たすために必要に応じてあらゆる措置を講じる用意がある」と強調した。

イタリアについては高水準の公的債務を減らすための明確な戦略を直ちに打ち出すべきと訴えた。

イタリア国債の利回りは依然として高く、中小企業を中心に信用状況がやや引き締まりつつあるとの見方を示し「高水準の公的債務による負担を中期的に減らすための信頼の置ける戦略をこれ以上先送りすることはできない」と述べた。

財政の緩みなど、投資家がリスクの高まりを認識する要因に取り組むことも必要と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below