for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、金利大幅上昇なら対応 不確実性なお高い=イタリア中銀総裁

[ローマ 31日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は31日、ユーロ圏の景気回復見通しの不確実性はなお高いとの認識を示し、ECBは経済情勢で正当化されない、いかなる金利の大幅な上昇にも対応すると述べた。

ビスコ総裁はローマで行った講演で、2008─09年の金融危機で、尚早に金融支援策を解消することのリスクが浮き彫りになったとし、現在は「回復のタイミングと力強さを巡る不確実性が存在しているため、金融情勢は長期にわたり支援的でなければならない」と指摘。「大幅で、かつ根強い金利の上昇は、現在の経済情勢では正当化されないため、対応される」とし、ECBには「債券買い入れプログラムをフルに活用する」用意があると述べた。

講演後にロイターのインタビューに応じ、ユーロ圏のインフレ率が上向いていることは歓迎するとしながらも、エネルギー価格の上昇など一時要因によるものとの見方を示し、インフレ率はなお低すぎると指摘。「中期的なインフレ率を2%に近い水準にするという目標からは程遠い」と述べた。

財政政策については、共通予算の導入を改めて呼び掛け、総額7500億ユーロの復興基金が安定的な共通債発行の土台になっていくとの考えを示した。

また、ECBが今夏に公表する銀行ストレステスト(健全性審査)の結果は、サプライズをもたらす可能性が低いとしても金融機関に対策を講じるよう警鐘を鳴らすものになると指摘。監督機関は金融機関と常に対話し、その状況を詳細に把握しているとした。

銀行の合併に関しては、規模の経済を活用することは金融機関にとって有益だが、銀行が「大き過ぎて潰せない」状況を避けるために「メガバンク」は必要ないと言及。銀行の合併にクロスボーダーの視点が有効としながらも、合併が行われる際には欧州全体での公平な競争条件が必要との見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up