for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBは緩和維持すべき、景気と金融市場を支援=伊中銀総裁

[フランクフルト 15日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は15日、ユーロ圏の景気回復を支え、米国の金利上昇から欧州の金融市場を守るために、ECBは金融緩和措置を維持すべきとの見解を明らかにした。ブルームバーグTVとのインタビューで述べた。

インフレ率は今後数年間、ECBが目標とする2%を大幅に下回るとみられており、ビスコ氏は一時的に回復しても金利を低水準にとどめるべきとの考えを示した。

「仮にECBが設定した目標を上回る物価上昇の兆しが一部で見られても、金融状況は好ましい水準に保たれる」と述べた。

ビスコ氏は新型コロナウイルス感染第3波のリスクと、米国のインフレ期待と金利の上昇が欧州市場に「ショック」をもたらす可能性を指摘した。

「われわれは適切な時期よりも前のテーパリング(資産買入れの縮小)を避けなければならない」とし「金融政策が長期にわたって引き締められるとは予想していない」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up