March 19, 2018 / 12:53 AM / 8 months ago

ECB、債券買い入れ措置の迅速な終了可能─独連銀総裁=独紙

 3月18日、ドイツ連銀のワイトマン総裁(写真)は、独紙ノイエ・オスナブリュッカーとのインタビューで、明るい経済動向とインフレ見通しを踏まえると、欧州中央銀行(ECB)は債券買い入れ措置を迅速に終了させることが可能だとの考えを示した。写真はフランクフルトで2月に撮影(2018年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツ連銀のワイトマン総裁は、独紙ノイエ・オスナブリュッカーとのインタビューで、明るい経済動向とインフレ見通しを踏まえると、欧州中央銀行(ECB)は債券買い入れ措置を迅速に終了させることが可能だとの考えを示した。

ただ、いつどのように終了させるかECBはまだ決定していないと述べた。

19日の掲載前にインタビュー記事がメディアに公開された。

ワイトマン氏は債券買い入れ措置について「個人的には、好ましい経済動向とインフレ見通しにより、迅速な終了が可能になると考えている」と語った。

同氏は先月、ECBは徐々に刺激策を縮小することが重要だとの認識を示していた。

投資家は物価上昇が今後も続くと見込んでおり、債券買い入れ措置は2018年末ごろに終了すると予想している。

アナリストは、マイナス0.4%に据え置かれている中銀預金金利は来年年央に引き上げられ、来年末までにはゼロに達するとの見通しを示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below