for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB資産購入、恒常措置にすべきではない=独連銀総裁

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるワイトマン独連銀総裁は22日、ECBが実施している大規模な国債買い入れ策について、高債務国を支援するための恒常的な措置になってはならないと述べた。フランクフルトで昨年11月撮影(2020年 ロイター/RALPH ORLOWSKI)

[フランクフルト 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるワイトマン独連銀総裁は22日、ECBが実施している大規模な国債買い入れ策について、高債務国を支援するための恒常的な措置になってはならないと述べた。

ワイトマン総裁は、買い入れに当たりECBが示している「柔軟」な姿勢に支持を表明。ただ一時的な措置にとどめる必要があるとし、「柔軟であることが無制限であることを意味すべきではない。公的財政に対する誤ったインセンティブが金融政策を通して伝えられてはならない」と述べた。

また、ECBは景気見通しに基づいて可能になった時点で超緩和的な金融政策を引き締めに転じる必要があると指摘。「政策担当者は、ECBが永遠に政府の資金調達コストを低水準にとどめ、各国のリスクプレミアム格差の平坦化に努めると予期するべきではない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up