for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、週間の債券購入再び減少 量よりも価格重視か

[フランクフルト 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が3月26日までの1週間に買い入れた債券は、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)が差し引き189億5000万ユーロと、前週の210億5000万ユーロから縮小した。

前週は買い入れ額が50%伸びていた。

他の買い入れプログラムを含めた購入額も差し引き239億9500万ユーロと、前週の286億7200万ユーロから減少した。

ECBのシュナーベル専務理事は25日、資産買い入れの焦点が購入規模から債券価格に移行しつつあると述べ、向こう数カ月は買い取りを機械的にこなすのではなく、利回り水準を重視する考えを示唆した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up