for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、週間の債券買取140億ユーロに拡大 理事「深読み禁物」

3月15日、欧州中央銀行(ECB)が3月12日までの1週間に買い入れた債券は、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)が差し引き140億ユーロ(167億ドル)と、前週の119億ユーロから増加したことが分かった。写真は2018年3月、フランクフルトのECB本部(2021年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 15日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が3月12日までの1週間に買い入れた債券は、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)が差し引き140億ユーロ(167億ドル)と、前週の119億ユーロから増加した。

ECBは11日の理事会で、金利の上昇を抑えるため、次の四半期の資産購入をこれまでより「かなり速いペースで実施する」ことを決定しているが、こうした決定以前に買い入れがすでに加速していた可能性もある。

他の買い入れプログラムも含めた購入額は差し引き193億ユーロ。前週は171億ユーロだった。

こうした中、ECBのシュナーベル専務理事は15日、債券の買い入れには種々の技術要因が影響するため、週間の統計を「深読みすべきでない」とけん制した。

営業日数や償還額の変動が資産購入に影響を与えるとし、週間のフローデータでは全体像を捉えることができず、「誤った結論を導きかねない」とツイッターに投稿した。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up