July 9, 2019 / 5:20 PM / in 7 days

ECB、必要なら一段の刺激策実施の用意=レーン専務理事

[フランクフルト 9日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏は9日、ECBには必要に応じて行動を起こす用意があり、インフレ率の目標達成に向けた手段を有していると述べた。

レーン氏は質問に対する回答をツイッターに投稿する形で「インフレ率をECBの目標に向けた軌道に維持するために、必要に応じて行動を起こす用意がある」とし、「ECBは政策ツールを有しており、これまでもさまざななリスクの根源にうまく対応してきた」と述べた。

ECBはインフレ率を2%に近いがこれを下回る水準とすることを目標としている。

レーン氏は、インフレ率は目標を下回り続けており、成長見通しにも下方リスクが存在していると指摘。マイナス金利を含む積極的な措置がインフレ率をECBの目標に押し上げるために最も確実な方法となると述べた。

また、ECBはリセッション(景気後退)は予想していないとしながらも、不確実性が長引いていることがECBの成長見通しに対する重しとなっているとの考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below