March 27, 2019 / 5:20 PM / a month ago

ECBの非伝統的政策、恩恵が副作用上回る=メルシュ専務理事

[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は27日、マイナス金利政策を含むECBが導入した非伝統的な金融政策には副作用が伴うが、これまでのところ恩恵は副作用を上回っているとの認識を示した。

メルシュ専務理事は「マイナス金利政策を中心に、ECBはこれまでに導入した政策が銀行利益などに及ぼした影響を検証し、ECBの政策の組み合わせが引き続き適切で均衡が取れたものになっているか検討し続ける」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below