March 27, 2019 / 7:40 PM / 3 months ago

ユーロ圏経済は減速、景気後退ではない ECBは措置用意=仏中銀総裁

[ジュネーブ 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー・フランス銀行(中央銀行)総裁は27日、ユーロ圏経済は減速に直面しているものの景気後退(リセッション)には陥っていないとし、経済成長は今後、力強さを増していくとの見方を示した。ただECBには必要に応じて措置を講じる用意があるとも述べた。

ビルロワドガロー総裁は、通商を巡る緊張の高まりのほか、中国の経済見通しを巡る先行き不透明感が世界的な経済成長の重しになっており、ユーロ圏ではドイツとイタリアが経済成長の足かせとなっていると指摘。ただ「これは減速であり景気後退ではない。今年はこれから上向いていくとなお期待している」と述べた。

その上で「ECBは経済情勢を緊密に注視している」とし、「ECBが必要に応じて利用できる十分に効果的な政策ツールを保有していることに疑いはない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below