for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、コロナに起因する銀行の貸し渋りを警戒=シュナーベル理事

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は8日、銀行の貸し渋りの兆候を注視していく考えを明らかにした。新型コロナウイルスの流行で銀行の利益が圧迫され、政府支援の終了後に多くの融資が返済困難になると見込まれるため。

シュナーベル氏はビデオリンク方式で行われた会合で「(新型コロナの流行が)貸し出し基準の厳格化や、貸し出しの減少につながらないか注視している。ECBの政策波及効果を阻害する恐れもある」と語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up