July 6, 2018 / 1:22 AM / 15 days ago

19年度物価1.5%と想定、18年度は1.1%と年初想定と変わらず=内閣府試算で政府筋

[東京 6日 ロイター] - 政府経済見通しの全容がわかった。19年度の経済成長率は物価変動の影響を除いた実質で1.5%、名目では2.8%のプラス成長とした。また、19年度の物価見通し(消費者物価指数、総合)は1.5%とし、18年度は1.1%と年初想定を堅持した。

 7月6日、政府経済見通しの全容がわかった。19年度の経済成長率は物価変動の影響を除いた実質で1.5%、名目では2.8%のプラス成長とした。写真は都内で2012年5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

複数の政府筋が明らかにした。試算は、内閣府が6日の経済財政諮問会議(議長、安倍晋三首相)に提示する。

新たな試算のうち、雇用情勢の改善を受けて完全失業率は19年度に2.4%と、1993年以来の低い水準になると見込んだ。

一方、民間の住宅投資の落ち込みなどを踏まえ、実質1.8%としてきた18年度成長率は1.5%に、名目2.5%の試算は1.7%に、それぞれ下方修正する。

マクロ政策チーム 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below