for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米サブプライム問題の影響、今後さらに広がる=コステロ豪財務相

 [メルボルン 27日 ロイター] コステロ豪財務相は、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題による影響はさらに広がり、米国の実体経済にも波及するとの見方を示した。

 記者団に述べた。ただ米国がリセッション(景気後退)に陥ったとしても、豪経済は慎重に運営すれば強さを維持できる、とも述べた。

 同相は「米サブプライム市場による影響はこれから、まだまだ広がるだろう。誰がリスクを持っているのか、はっきりしない。世界のさまざまな金融機関が今後、損失を確認することになろう」と述べた。

 最近発表された指標では米経済の減速の兆候が出ているが、より深刻な低迷に落ち込むのかについてはアナリストの間でも意見が分かれている。指標によると、住宅市場への圧力も依然として続いている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up