for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

為替こうみる:FRB議長発言、保守的なメッセージが望ましい=UBS銀 牟田氏

 <UBS銀行 外国為替部FXアドバイザー 牟田誠一朗氏>

 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が、カンザスシティー地区連銀の経済シンポジウム「住宅、住宅金融および金融政策」で講演する。テーマがテーマなだけに、金融市場からは大きな期待が寄せられるだろう。しかし、中銀の基本的な役割として、市場がパニックを誘発するような状況を作り出すべきでないことは言うまでもない。サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)に関して、これまで通り保守的なメッセージを送る方が金融市場にとって好ましい。何か具体的な策に言及した場合、かえって市場を刺激してしまうからだ。保守的なメッセージで十分に市場の期待に応えることになるかといえば、難しいが、危機感をあおらないことが最も大事な点だと強調する。少々の株安は仕方ない。

(東京 31日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up