for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

農相辞任こうみる:解散・総選挙は先送り、早くて5月=バークレイズ 梅本氏

 <バークレイズ銀行東京支店チーフFXストラテジスト 梅本徹氏>

 野党から突き上げられれば「民意を問え」という方向になるため、(農相らへの辞任勧告などで)早く手を打ったのだろう。7月の参院選で与党が惨敗しているので、安倍晋三首相は万難を排して解散・総選挙を回避したいとの姿勢がうかがえる。解散・総選挙は早くて5月ぐらいではないか。安倍政権の改革路線後退は明らかなのに、「改革」を掲げながら、結局支出を増やさざるを得ない内閣だ。ただ、外為市場にとって、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け融資)問題の政策の中心は欧米なので、農相辞任の影響はない。

 (東京 3日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up