for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式こうみる:海外投資家の警戒感強まる=第一生命経済研 嶌峰氏

 <第一生命経済研究所 主席任エコノミスト 嶌峰義清氏>

 欧州中銀(ECB)が利上げ見送りを示唆したのは異例のことであり、国内投資家と比べて、欧米など海外投資家のサブプライムローン問題に端を発した信用収縮に対する警戒感が相当強まっていることを表している。

 きょうの外資系証券の注文状況は2000万株の大幅売り越しとなっており、これも警戒感の強さを示唆しているのではないか。

 欧米の中央銀行がインフレ懸念よりもファンダメンタルズの悪化を意識するスタンスを取り始める中、日銀が利上げを実施するのは非常に難しくなった。福井総裁在任中の利上げの可能性もなくなったかもしれない。

 (東京 6日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up